パグの寿命は短いの?長生きのために必要な事

愛嬌があってとってもかわいいパグの平均寿命について、他の犬種と比較しながら解説していきます。 また、愛犬に長生きしてもらうために気をつけなければいけない病気や、年齢に合った食事などを紹介していきます。

愛嬌があってとってもかわいいパグの平均寿命について、他の犬種と比較しながら解説していきます。
また、愛犬に長生きしてもらうために気をつけなければいけない病気や、年齢に合った食事などを紹介していきます。

パグの平均寿命

breader
パグの平均寿命は、約12~15歳ぐらいと言われています。
犬全体の平均寿命が約12歳~13歳となっているので、比較的平均的な寿命となります。
また、他の短頭犬種と比べても平均な寿命と言えます。

【他の短頭犬種との比較】
 フレンチ・ブルドッグ:10歳〜12歳
 ブルドッグ     :8歳〜10歳
 ボストン・テリア  :13歳〜15歳
 ペキニーズ     :12歳〜15歳

犬の年齢

犬の老化スピードをしっかりと理解し、自分の愛犬が人間だと何歳なのか知っておきましょう。

老化のスピード

犬の老化は、人間と違ってスピードがとても速いです。
子犬から成犬になる1年目で人間でいう17歳になり、2年目には24歳の年齢になります。
4歳以降になると、人間の4倍以上のスピードで歳をとります。
毎日一緒にいると老化に気付きづらいですが、思わぬところで老化が始まっているということがあります。

犬の年齢早見表

生まれてからの年数 パグの人間年齢
1ヶ月 1歳
2ヶ月 3歳
3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
9ヶ月 13歳
1年 17歳
1年半 20歳
2年 24歳
3年 28歳
4年 32歳
5年 36歳
6年 40歳
7年 44歳
8年 48歳
9年 52歳
10年 56歳
11年 60歳
12年 64歳
13年 68歳
14年 72歳
5年 76歳
15年 80歳
16年 84歳
17年 88歳
18年 92歳
19年 92歳
20年 96歳

パグを長生きさせるために必要な事

犬は年をとるスピードが人間より早く、老化に気づきにくいと言われています。
愛犬に長く生きてもらうためには、健康状態を管理し、年齢に合った食事や運動を行いましょう。
pug_sick

定期的な健康診断を受けて病気の早期発見する

犬も老化が進むと様々な病気になる可能性が高くなります。
特にパグは病気にかかりやすい犬種で、パグ脳炎や気管虚脱など気をつけなければいけない病気も多いです。
シニア犬になってからはもちろん、若い頃から定期的な健康診断を行い、病気の早期発見を心掛けましょう。

【パグのかかりやす病気の記事】
 #パグの病気について解説 (目・脳・呼吸器・骨・関節・皮膚)
 #犬の逆くしゃみと気管虚脱の違いと原因・治療について

年齢に合ったエサを与える

年をとってきたらシニア犬用のドッグフードを与えたり、食べづらそうだったらお湯でふやかしてあげましょう。
基本的に老犬になると食事量が減るので、高カロリーフードを与えるなど栄養をしっかり取れるような状態を保つことが必要です。

【おすすめドッグフードの記事】
 #世界一のドッグフード「オリジンドッグフード」がおすすめ!

以上、いかがでしたか?
愛犬とできるだけ長い時間一緒にいれるように、しっかり健康管理をしていきましょう。


関連タグ