どっち?パグとブルドッグの違い(特徴・性格・値段を比較)

パグを散歩させているとよく「ブルドッグだ!」と言われることが多いです。 以外と知らない人も多いパグとブルドッグの違いについて、特徴・性格・値段などを比較していきます。 これを読んでパグとブルドッグを間違えないようにしましょう。

パグを散歩させているとよく「ブルドッグだ!」と言われることが多いです。
以外と知らない人も多いパグとブルドッグの違いについて、特徴・性格・値段などを比較していきます。
これを読んでパグとブルドッグを間違えないようにしましょう。

特徴の違い

どちらも鼻ぺちゃでシワシワな顔なのでよく間違えられる2匹ですが、それぞれはっきりと違いが分かる特徴があります。
pug_bull_1

パグの特徴

パグの体型の特徴は、比較的がっしりした体つきにしわくちゃな顔。
潰れた鼻はブルドッグと同じですが、飛び出しそうな大きな瞳が何とも愛嬌があります。
体高は約25cm前後、体重は平均6kg~8kgで小型犬に分類されます。
毛色は、赤みがかった淡い黄褐色(アプリコット)、シルバー、フォーン、ブラックなどの種類があります。

ブルドッグの特徴

ブルドッグの体型の特徴は、肩幅が広くがっしりとした筋肉質の体に大きな頭。
分厚い上唇が深く垂れ下がっているところが特徴的です。
体高は約40cm前後、体重約22kg~25kgと中型犬に分類され、パグよりもひと回り大きい犬種です。
毛色は多彩で、黒を基調として所々に明るい色が混じる虎毛(ブリンドル)やクリーム色、赤、茶色に近い金色(フォーン)などなどの種類があります。

性格の違い

雰囲気の似ている2匹ですが、性格には違いがあります。
個体差はありますが、パグ=わんぱく ブルドッグ=おっとり という感じです。
pug_bl

パグの性格

パグは表情豊かに自分の気持ちを表現します。
基本的には落ち着いた性格ですが、はしゃぎだしたら止まらない一面があり、気に入らなければ言うことを聞かない頑固さも持ち合わせています。
素直な性格なのでしつけはしやすいですが、子犬の頃に甘やかしてばかりいると、飼い主の言うことを聞かないわがままな子に育ってしまいます。

ブルドッグの性格

闘犬に必要な獰猛な部分をなくし、ペット用として改良されてきた犬種なので人と一緒に暮らすには理想的な性格と言えます。
いかつい顔と筋肉質な体つきからは想像できないおっとりさを持ち合わせています。そのアンバランスさが魅力の一つです。
温厚な性格なので、子供や知らない人に対しても嫌がらず付き合うことができ、ほとんど吠え掛かったりすることもありません。

– パグの性格についてオススメの記事 –
#素直で愛嬌がある、お利口なパグの性格について

値段の違い

パグもブルドッグも人気の犬種なので、比較的値段は高い方かと思います。
ブリーダー、ペットショップ、保護犬など迎え入れる選択肢によって大きく変わる部分です。
bull1

パグの値段

パグの一般的な相場の価格は¥100,000前後といわれていますが、その価格にはかなりの幅があるのが特徴です。

ブルドッグの値段

子犬は高額で販売されることが多いようです。
家庭向けのペットタイプでも300,000円前後~500,000円台、ショータイプになると500,000円以上となります。


関連タグ