パグもできる!?サマーカットのメリット・デメリット

サマーカットは毛の短いパグでも行うことができ、毛が短くなることでケアが楽になって清潔を保ちやすくなります。 見た目もとてもかわいいのですが、サマーカットにする際は注意が必要です。 刈り込みすぎた場合などかえって熱中症の危険性を高めてしまうこともありますので慎重に行いましょう。

サマーカットは毛の短いパグでも行うことができ、毛が短くなることでケアが楽になって清潔を保ちやすくなります。
見た目もとてもかわいいのですが、サマーカットにする際は注意が必要です。
刈り込みすぎた場合などかえって熱中症の危険性を高めてしまうこともありますので慎重に行いましょう。

サマーカットとは?

summercut2
ワンちゃんの毛を短く刈り込むことで、ゴールデン・レトリバー、シーズー、グレート・ピレニーズなどの毛の長いワンちゃんを飼われている方に多く見られます。
尻尾や頭など部分的に残すデザインも大人気で、そのかわいらしい見た目からネットでも話題になっています。
ポメラニアンの「柴犬カット」などもサマーカットの一種です。
パグについては、元々そこまで毛が長くない犬種ですが、サマーカットしているパグちゃんも多くいます!

サマーカットのメリット

pug_bath

清潔でケアがしやすい

汚れてしまった場合もシャンプーしやすく、ブラッシングもほとんど必要なくなります。
飼い主にとっては、ケアが楽になり清潔を保ちやすくなります。

おしゃれでかわいい

ツヤが出て、さわり心地も良くなります。
全体的に一回り小さくなった体は、とてもかわいく見えます。

サマーカットのデメリット

crying-pug

皮膚を守る機能が弱くなる

ワンちゃんの毛には皮膚を守る役割があり、気温や直射日光から皮膚を守っています。
ノミやダニなどの虫が皮膚につくのを防ぐ役割もあります。
サマーカットにして毛を短く刈ってしまうと皮膚を守る機能が弱くなり、外の気温や直射日光のを直接受けてしまうことで、余計に暑く感じることになります。
熱中症になりやすくなったり、ノミやダニの被害の危険性も高くなります。

毛質の変化・毛が伸びない

毛を短く刈ることで、毛質が変わってしまったり、元の長さに戻らない場合があります。
パグではあまりありませんが、元々毛の長い犬種に多く見られますので注意が必要です。
ただ、バリカンを使わずにハサミで切るなどの対策もありようです。

サマーカットはやめたほうがいいのか

結論から言うとデメリットのほうが大きいため、サマーカットはおすすめできません。
サマーカットを行う場合は、短くする長さなどに注意し、ワンちゃんの負担にならないよう心がけるようにしましょう。
ご自宅のバリカンでサマーカットにしている飼い主様もいらっしゃいますが、知識がない場合は、トリマーさんに相談・お願いすることをおすすめします。